天下静謐

nice! – 乃至政彦Webサイト

大坂夏の陣で毛利勝永はどう戦ったのか?

   

今福匡氏の『毛利勝永 真田より活躍した男』(宮帯出版社)、本日発売。

良質の史料から勝永の人物像を浮かびあがらせ、大坂夏の陣においてどう「活躍」したのか、かなりのところまで具体的に想像できる一冊となっております。

大複数の証言を引き、勝永ここにありと最後の輝きが照射され、その臨場感たるや強烈です。正兵の毛利、奇兵の真田とはよく言ったものだと思わされます。

image

以下、目次です。

序章「惜しいかな、後世、真田を云て毛利を云わず」
第一章 毛利吉成・勝永とその時代
第二章 豊前小倉
第三章 大陸出兵と秀吉の死
第四章 関ヶ原合戦と毛利父子の没落
第五章 土佐配流
第六章 大坂入城
第七章 大坂の陣
第八章 大坂落城とその余波
終章 南海の伝説

本書の上梓は、勝永フリークの有川さんの熱意と、友誼に応じた今福さんの粋な計らいの賜物です。執筆から校了まで難事が重なったようですが、ついに発売と相成り、喜びもひとしおです。

 - by乃至政彦